「かみちゅ!」、尾道の舞台探訪。

 2017-10-04
「かみちゅ!」の舞台は、大林宣彦監督の映画とロケ地が同じことが多いです。
そこで、「かみちゅ!」ファンのための大林宣彦作品の説明という形で舞台を紹介してみます。

「転校生」(1982)
kamityu88b.jpg
神社の石段を転げ落ちると、男女が入れ替わってしまうという作品です。
kamityu88.jpg
この場面のロケ地は御袖天満宮で、「かみちゅ!」の来福神社のモデルとなりました。
ただし社殿は、別の神社がモデルです。

kamityu57a.jpg kamityu57b.jpg
「転校生」では男女入れ替わった後に一美が呆然として石段を降りて、踏切に至ります。
kamityu57.jpg
「かみちゅ!」では盗まれた筆を取り返そうとして、二人乗りの自転車で横切ります。

kamityu105a.jpg kamityu105b.jpg
「転校生」で一美が通学した道は、「かみちゅ!」でも出てきました。
kamityu105.jpg

VLC00157_20171004230654e57.jpg VLC00157b_2017100423065661c.jpg
ロープウェイ入口にある茶房こもんです。
VLC00157c.jpg
ここは「かみちゅ!」には出てきませんでしたが、この喫茶店の経営者がアニメのロケハンに協力した大谷治氏です。
大谷氏は、「転校生」(1982)から大林作品のロケハンに協力されています。

「時をかける少女」(1983)
kamityu89a.jpg kamityu89b.jpg
この作品が大ヒットして、大林監督、そしてロケ地の尾道はとても注目されるようになりました。
芳山和子が幼い時に参拝した神社で、ロープウェイ乗り場隣の艮神社がロケ地です。
kamityu89.jpg
この神社の本殿は、「かみちゅ!」の来福神社のモデルとなりました。

kamichu01.jpg kamichu01b.jpg
今は観光スポットではありませんが、タイル小路も両作品に出てきました。
kamichu01c.jpg

「さびしんぼう」(1985)
kamityu07.jpg kamityu07b.jpg
「さびしんぼう」が公開された時に、「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」を大林監督の尾道三部作として宣伝がなされました。
後に「ふたり」「あした」「あの、夏の日 とんでろ じいちゃん」が新・尾道三部作とされたのですが、大林監督作品としては「日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群」(1988)や「麗猫伝説 劇場版」(1998)も尾道がロケ地です。
通称「尾道ガウディハウス」は、両作品に出てきました。

「ふたり」(1991)
kamityu65.jpg kamityu65b.jpg
「ふたり」で、北尾家の姉 千津子が事故にあうのがここなのですが、「かみちゅ!」では一橋ゆりえの家になっています。
尾道駅では新・尾道三部作のロケ地マップが配布されていますので、それを見るとゆりえの家の場所がわかります。

kamityu23.jpg kamityu23b.jpg
通う学校の舞台のロケ地は、「かみちゅ!」と同じく土堂小学校です。
VLC00213.jpg VLC00213b.jpg
両作品とも、校舎の屋上が出てきました。

もしこれから尾道に行かれる「かみちゅ!」ファンの方がいましたら、大林宣彦監督の「転校生」「時をかける少女」「ふたり」をご覧になることをおすすめします。

※比較検証のため、映画とアニメの画像を引用しました。
(c) NTV. ATG
(c)KADOKAWA CORPORATION
(c)ベサメムーチョ/アニプレックス
関連記事
  • 出雲
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://inish.blog1.fc2.com/tb.php/424-708e517d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫