「海街diary」第8巻の舞台探訪 鎌倉

 2017-05-07
香田家の四姉妹の生活も終わりが見えてきましたが、いつもどおりにおだやかに物語が進んだ第8巻でした。
今回は「鎌倉のパワースポット巡り」が繰り広げられましたが、日頃の運動不足もあって無理せず2日間に分けて探訪しました。
【月影地蔵】極楽寺3丁目
UMI08-024b.jpg
第8巻 P24
UMI08-025a.jpg UMI08-025aa.jpg
UMI08-025b.jpg UMI08-025bb.jpg
UMI08-025c.jpg UMI08-025cc.jpg
第8巻 P25
UMI08-026.jpg UMI08-026b.jpg
第8巻 P26
UMI08-029.jpg UMI08-029b.jpg
第8巻 P30
月影地蔵は、第7巻にも出てきました。

【八雲神社】大町1丁目
UMI08-034a.jpg UMI08-034aa.jpg
UMI08-034b.jpg UMI08-034bb.jpg
第8巻 P34
UMI08-036.jpg UMI08-036b.jpg
第8巻 P36
UMI08-037.jpg UMI08-037b.jpg
第8巻 P37
UMI08-041.jpg UMI08-041b.jpg
第8巻 P41
UMI08-042.jpg UMI08-042b.jpg
第8巻 P42
UMI08-043.jpg UMI08-043b.jpg
第8巻 P43
UMI08-000b.jpg UMI08-000bb.jpg
第8巻 裏表紙
八雲神社は、NHKのドラマ『 ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』にも出てきました。ドラマでは八雲神社の脇を入っていったところに文具店があるのですが、実際には普通の民家です。

【鎌倉宮】
UMI08-053a.jpg UMI08-053aa.jpg
UMI08-053b.jpg UMI08-053bb.jpg
UMI08-053c.jpg UMI08-053cc.jpg
第8巻 P53
UMI08-054.jpg UMI08-054b.jpg
第8巻 P54
鎌倉宮は以前も舞台となりましたが、今回は境内が出てきました。

【由比若宮】
UMI08-088.jpg UMI08-088b.jpg
第8巻 P88
UMI08-089.jpg UMI08-089b.jpg
第8巻 P89
ここは、初めて訪れました。鶴岡八幡宮は、ここから現在の場所へ移転したとのことです。

【稲村ケ崎】
UMI08-153.jpg UMI08-153b.jpg
第8巻 P153
丘の上の展望台です。それほど標高はありませんが、同日に甘縄神明宮も行くならば歩きやすい靴をおすすめします。

【甘縄神明宮】
UMI08-161.jpg UMI08-161b.jpg
第8巻 P161
UMI08-162.jpg UMI08-162b.jpg
第8巻 P162
UMI08-165.jpg UMI08-165b.jpg
第8巻 P165
UMI08-000a.jpg UMI08-000aa.jpg
第8巻 表紙
ここも、初めてでした。

※比較検証のため、漫画を引用しました。
(c)Akimi Yoshida 2017 / 小学館
スポンサーサイト
タグ :

「海街diary」第7巻 御霊神社前

 2016-10-15
「海街diary」第7巻、御霊神社前の舞台探訪。

第7巻 P143

第2巻に御霊神社が出てきましたが、今回はその手前の場所です。
撮影時に、左奥の民家の工事が行われていました。新しい家ではないから、解体工事かも知れません。
この場所は紫陽花を手前に江ノ電を撮影できるので、6月前後はとても混雑するポイントです。
7P143-1d.jpg
この構図で漫画に登場するとは思わず、3年前に撮っていました。
早朝ならば、人がいない状態で撮影できるかも知れません。

比較検証のために、漫画の画像を引用しました。
(c) Akimi Yoshida 2016 / 小学館
タグ :

「海街diary」第7巻 大巧寺

 2016-10-14
「海街diary」第7巻、大巧寺の舞台探訪。

第7巻 P191

三女 香田千佳の妊娠が発覚して、一人で鎌倉駅近くの大巧寺を参拝する場面です。
安産祈願の寺を訪ねるのだから、本人の決心はついたという状況でしょうか。

資料として本堂を撮影しようと思ったのですが、ちょうど改築中でした。
参道を少し撮りました。
DSC00228.jpg
DSC00229.jpg
DSC00230.jpg

比較検証のために、漫画の画像を引用しました。
(c) Akimi Yoshida 2016 / 小学館
タグ :

「海街diary」第7巻 極楽寺坂切通

 2016-10-13
「海街diary」第7巻、極楽寺坂切通の舞台探訪。

切通しにある店なので、看板横の入口から階段を昇って上の建物まで行くようになっています。この入口の反対側に成就院があるのですが、紫陽花で有名な階段は工事中で撮影できませんでした。

第7巻 P30

この場面ですが、実際にはほとんど直線でした。
7P031-1c.jpg
第7巻 P31

比較検証のために、漫画の画像を引用しました。
(c) Akimi Yoshida 2016 / 小学館
タグ :

「海街diary」第7巻 月影地蔵堂

 2016-10-12
「海街diary」第7巻、月影地蔵堂の舞台探訪。

香田家は極楽寺駅改札を出て左に進んで、橋を渡って導地蔵の先にあります。
その方向に、月影地蔵堂があります。

第7巻 P20
7P020-2c.jpg
第7巻 P20
7P021-1c.jpg
第7巻 P21
7P022-1c.jpg
第7巻 P22

住宅街の真ん中にある、小さな地蔵堂です。月影ヶ谷の阿仏尼邸にあった地蔵をこの地に移したので、「月影地蔵」と呼ばれたそうです。

比較検証のために、漫画の画像を引用しました。
(c) Akimi Yoshida 2016 / 小学館
タグ :

「海街diary」第7巻 京都

 2016-01-18
「海街diary」第7巻 京都の舞台探訪。


P133-02.jpg
P133 清水寺

P133-03.jpg
P133 地主神社

P134-01.jpg
P134 清水寺 音羽の滝

P134-02.jpg
P134 三年坂

P134-03.jpg
P134 石塀小路

P136-01.jpg
P136 晴明神社

P136-02.jpg
P136 嵐山 竹林の小径

P137-01.jpg
P137-02.jpg
P137-03.jpg
P137-04.jpg
P137 野宮神社

P139-01.jpg
P139-02.jpg
P140-01.jpg
P142-01.jpg
P139,140,142 渡月橋
タグ :

映画「海街diary」のロケ地巡り

 2015-09-25
映画「海街diary」のロケ地に、行ってきました。
1日で回ったので、漫画の探訪で訪れたことのあるところは省略しました。


Beach Muffin
山猫亭のロケ地で、水曜から日曜まで営業しています。逗子で少し離れているので、最初に訪れました。

PEN00955.jpg
衣張山
VLC00312.jpg VLC00312b.jpg
「すずは、ここにいていいんだよ」の場面は、衣張山山頂(北峰)です。

IMG_5930b.jpg
浜勇商店
幸が、買い物をした八百屋。鎌倉駅の近くです。

P1260901.jpg
御成中学校
すずが、通う中学校。
VLC00311.jpg
オープニングの景色も、この中学校から撮影したようです。

P1260907.jpg
麻心(まごころ)
由比ガ浜にあるのですが、日曜に訪れて営業してませんでした。

P1260929.jpg
腰越漁港
シラスの水揚げの場面で、出てきた漁港。

P1260927.jpg
シラス直売所 金子
腰越漁港より東の小動にある直売所。釜揚げシラスを干す場面に、出て来ました。以前訪れたこともありますが、直売所が開いているのを見たことはありません。

P1260908.jpg
文佐食堂
江ノ島にある食堂で、入ってみたところアジフライはありませんでした。サザエ丼を食べました。

P1260932.jpg
関水スポーツ本店
千佳の勤めるスポーツマックスのロケ地で、藤沢駅近くにあります。

すでに訪れたことのある由比ガ浜の海岸や、極楽寺駅周辺は省略しました。
それでも、1日で回るのは大変でした。

比較検証のため、映画の予告カットを引用しています。
(c)2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ
タグ :

江ノ島 「海街diary」第4巻

 2015-06-10
「海街diary」第4巻、江ノ島の舞台探訪。

いつ行っても賑っている江ノ島ですが、映画では漫画に登場しないところでロケをやったようなのでまだまだ探訪するところは多そうです。
帰れないふたり_051b 帰れないふたり_051
第4巻 P51

帰れないふたり_075c 帰れないふたり_075
第4巻 P75
帰れないふたり_077aa 帰れないふたり_077a
帰れないふたり_077bb 帰れないふたり_077b
帰れないふたり_077cc 帰れないふたり_077c
帰れないふたり_077dd 帰れないふたり_077d
第4巻 P77
帰れないふたり_078a 帰れないふたり_078
第4巻 P78
帰れないふたり_079a 帰れないふたり_079
第4巻 P79
陽のあたる坂道_043a 陽のあたる坂道_043
第3巻 P43

江ノ島及と周辺の海岸は、6月から海の家を建てはじめるので撮りにくい時期になります。
海水浴のシーズンはさらに撮影困難な場所が増えますので、気をつけた方がいいです。


説明の都合上、漫画を引用しました。
(c) Akimi Yoshida2010,2011・小学館
タグ :

材木座

 2015-05-11
漫画「海街diary」、材木座の舞台探訪。

第5巻の表紙ですが、稲村ガ崎でなくて材木座海岸でした。(とても、学区の広い中学校です。)
群青_000aaa 群青_000aa
第5巻表紙。

群青_079a 群青_079
第5巻P79。

群青_138b
群青_138
第5巻P138。

群青_139aa
群青_139a
第5巻P139。

群青_151bb 群青_151
第5巻P151。

群青_159bbb 群青_159b
第5巻P159。

群青_189b 群青_189
第5巻P189。

光明時は、材木座海岸のすぐ近くにあります。
帰れないふたり_017aa 帰れないふたり_017a
第4巻P17。
漫画と同じように撮るには、10月の光明寺十夜法要のときに行く必要があります。

風太の実家の酒屋は、鎌倉駅から材木座へ行く途中にありました。
真昼の月_036b 真昼の月_036
第2巻P36。
タグ :

鎌倉市坂ノ下

 2015-02-18
「海街diary」第6巻、鎌倉市坂ノ下の舞台探訪。

材木座海岸の西側ですが、多くの作品の舞台となっています。

第6巻表紙。
06表紙b 06表紙

第6巻裏表紙。
06裏表紙b 06裏表紙
これは、もう少し後ろから撮った方がよかったです。

説明の都合上、漫画を引用しました。
(c)2015 吉田秋生・小学館
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫