FC2ブログ

映画「東京物語」(1953)のロケ地、広島県尾道市。

 2019-05-06
広島県尾道市は「映画の町」としても有名ですが、その元祖といえば小津安二郎監督の「東京物語」です。
小津作品から大林作品へ、そして現在のアニメの舞台へとどのような流れあるのかを考察するために、今回は映画「東京物語」の尾道のロケ地を巡ってみました。
【浄土寺】
TOKYO001.jpg TOKYO001b.jpg
TOKYO002.jpg TOKYO002b.jpg
TOKYO009.jpg TOKYO009b.jpg
TOKYO009.jpg TOKYO009c.jpg
TOKYO011.jpg TOKYO011b.jpg
TOKYO012.jpg TOKYO012b.jpg
TOKYO013.jpg TOKYO013b.jpg
TOKYO014.jpg TOKYO014b.jpg
尾道市の東側にある寺です。
当時とは灯籠の位置が違ったり、外壁ができたりと変化が見られました。

【住吉神社】
TOKYO007.jpg TOKYO007b.jpg
海岸沿いの神社です。

【福善寺】
TOKYO015.jpg TOKYO015b.jpg
TOKYO016.jpg TOKYO016b.jpg
物語の後半で、葬儀が行われた寺です。

改めてロケ地めぐりをしてみると、浄土寺は大林作品の「転校生」「ふたり」、住吉神社は「ふたり」、福善寺は「転校生」の舞台にもなりました。
これは尾道出身の大林監督による小津監督へのリスペクトがあるように、思われます。

※比較検証のため、映画のカットを引用しました。
 映画の著作権は、松竹にあります。
スポンサーサイト



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫