「3月のライオン」第23話、月島・新川の舞台探訪

 2017-10-15
いよいよ「3月のライオン」第2シーズンの放送が、始まりました。
公式ホームページを見ると、第23話(第2シリーズ第1話)という表記になっています。
第1シリーズと連続して再放送をするときは、「第23話」とした方がわかりやすいかと思います。
そこで当ブログでは公式ホームページに準じて「第2シリーズ第1話」を「第23話」と書いて、以下同様に続けることにします。

「Chapter.46 西陽」
【佃】
3L2-01004b.jpg
佃島小学校前から、佃小橋を撮りました。
【中央区新川】
3L2-01007.jpg 3L2-01007b.jpg
3L2-01008.jpg 3L2-01008b.jpg
おなじみの霊岸島水位観測所です。
【佃】
3L2-01009.jpg 3L2-01009b.jpg
3L2-01010.jpg 3L2-01010b.jpg
佃公園。
3L2-01011.jpg 3L2-01011b.jpg
佃1丁目の隅田川テラスから見た中央大橋。
ここまでが導入部で、次はオープニングです。
【佃】
3L2-01013.jpg 3L2-01013b.jpg
3L2-01021.jpg 3L2-01021b.jpg
3L2-01022.jpg 3L2-01022b.jpg
3枚目は新規スポットで、佃2丁目の「肉のたかさご」近くです。
以上が、オープニングです。

「Chapter.47 ラムネ」
【中央区新川】
3L2-01030.jpg 3L2-01030b.jpg
高橋から見た南高橋。
3L2-01031.jpg 3L2-01031b.jpg
新規スポットで、高橋北児童遊園。
3L2-01033.jpg 3L2-01033b.jpg
3L2-01035.jpg 3L2-01035b.jpg
中央大橋を渡るのですが、いつもと違って橋の東側を通ります。
【中央区湊】
3L2-01039.jpg 3L2-01039b.jpg
中央区湊から見た、隅田川の向こうの佃1丁目の風景です。
【佃】
3L2-01040.jpg 3L2-01040b.jpg
3L2-01041.jpg 3L2-01041b.jpg
3L2-01042.jpg 3L2-01042b.jpg
3L2-01043.jpg 3L2-01043b.jpg
以上が、第23話の放送でした。高校は場所がわからないため、探訪していません。
第2シリーズのOPとEDは、明るくて曲もよかったです。
ここからはいじめの話が続いて重いストーリーなので、それをどのように映像にするのか難しいところです。
第24話以降は、新規スポットのみを紹介していこうと思います。


放送前日に池袋駅を利用したのですが、番組の宣伝イベントがありました。
IMG_1469_201710152330261ba.jpg
11:00の回を見ましたが、ニャー将棋の王将の着ぐるみはとてもよく出来ていました。
15:00の回は、原作者の羽海野チカさんが着ぐるみの中に入っていたそうです。
IMG_1470.jpg
会場では、シールが配られていました。

※ 比較検証のため、アニメの画像を引用しました。
©羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会 ©羽海野チカ・白泉社
スポンサーサイト
タグ :

「3月のライオン」第13巻、有楽町の舞台探訪

 2017-10-10
第13巻の東陽オープントーナメントは、有楽町マリオンが舞台でした。
他には銀座4丁目交差点が第13巻に出てきますが、以前と同じ構図でした。
【有楽町】
3lion13-058b.jpg
P58
3lion13-060.jpg
P60 ここは有楽町マリオン10階ですが、撮影禁止です。
3lion13-081.jpg 3lion13-081b.jpg
P81
3lion13-088.jpg 3lion13-088b.jpg
P88 このカットは、道路から撮影しています。おそらく、車中からの撮影でしょう。
3lion13-095.jpg 3lion13-095b.jpg
P95

※比較検証のため、漫画の画像を引用しました。
(c)Chika Umino
タグ :

映画「ずっと前から好きでした。~告白実行委員会~」の舞台探訪

 2017-10-09
HoneyWorks原作の「告白実行委員会」シリーズの映画の舞台を探訪しました。
舞台は、練馬区の西武池袋線石神井公園駅周辺です。
zutto001b.jpg
zutto001.jpg zutto001c.jpg
石神井池の東側です。

zutto002.jpg zutto002b.jpg
zutto003.jpg zutto003b.jpg
zutto004.jpg zutto004b.jpg
zutto005.jpg zutto005b.jpg
石神井公園駅の東側改札を出て、南に向かいます。

zutto006.jpg zutto006b.jpg
zutto008.jpg zutto008b.jpg
和田堀稲荷神社の前を通ります。

zutto009.jpg zutto009b.jpg
zutto012.jpg zutto012b.jpg
zutto014.jpg zutto014b.jpg

zutto018.jpg zutto018b.jpg
このカットは、環八通りの富士見台3丁目でした。

※比較検証のため、アニメの画像を引用しました。
(c)HoneyWorksMovie
タグ :

「3月のライオン」第13巻、中央区明石町・湊の舞台探訪

 2017-10-09
第13巻のラストは、久しぶりに義姉の香子の話でした。
映画版は「香田家の家族の再生」と言う側面がありましたが、義姉の香子にも同様の展開が見られました。
【中央区佃】
3lion13-151b.jpg
扉絵は、佃島でした。

【中央区明石町】
3lion13-152a.jpg 3lion13-152aa.jpg
3lion13-152b.jpg 3lion13-152bb.jpg
後藤の妻が入院しているのは、聖路加国際病院でした。
かなり高価な病院なので、後藤はそれだけ妻のことを思っているのでしょう。

3lion13-152cc.jpg
3lion13-152c.jpg

3lion13-153a.jpg 3lion13-153aa.jpg
3lion13-153b.jpg 3lion13-153bb.jpg
3lion13-153c.jpg 3lion13-153cc.jpg
3lion13-154.jpg 3lion13-154b.jpg
3lion13-156a.jpg 3lion13-156aa.jpg
3lion13-156b.jpg 3lion13-156bb.jpg
聖路加タワーを抜けて、区立明石町河岸公園の手前で落ち合います。
3lion13-157a.jpg 3lion13-157aa.jpg
区立明石町河岸公園から、隅田川テラスを通って中央区湊に向かいます。

【中央区湊】
3lion13-157b.jpg 3lion13-157bb.jpg
3lion13-157c.jpg 3lion13-157cc.jpg
3lion13-158a.jpg 3lion13-158aa.jpg
3lion13-158b.jpg 3lion13-158bb.jpg
3lion13-162.jpg 3lion13-162b.jpg
川を挟んで対岸から義弟の零君の幸せを願う香子は、過去のわだかまりを解消させていました。

※比較検証のため、漫画の画像を引用しました。
(c)Chika Umino
タグ :

「有頂天家族2」、狸谷山不動院の舞台探訪

 2017-10-06
「有頂天家族 二代目の帰朝」が雑誌に掲載されたが2007年から2009年、加筆訂正された単行本が発行されたのは2015年2月でした。
そしてアニメの「有頂天家族2」の放送が2017年4月からでしたから、連載当初から10年後にアニメ化となりました。
このシリーズは三部作とのことで第三部が「有頂天家族3」としてアニメ化される可能性はありますが、また10年後となると大変です。

さて、今回は「有頂天家族2」で新たなスポットとなった京都市左京区の狸谷山不動院を探訪しました。
VLC02653b_20171006224751379.jpg
京都は何回も旅行したことがあるのですが、ここは初めてでした。
VLC02656_20171006224739015.jpg VLC02656b_20171006224740d56.jpg
VLC02657.jpg VLC02657b.jpg
VLC02658.jpg VLC02658b.jpg
VLC02659_20171006224717d31.jpg VLC02659b_20171006224719230.jpg
VLC02661.jpg VLC02661b_20171006224703cbb.jpg
VLC02662.jpg VLC02662b.jpg
VLC02663.jpg VLC02663b_20171006224638bb8.jpg
VLC02664.jpg VLC02664b.jpg
VLC02666.jpg VLC02666b.jpg
VLC02667.jpg VLC02667b.jpg
VLC02668.jpg VLC02668b.jpg
石段は少し大変でしたが、趣のある神社でした。紅葉の季節に、訪れてみたいです。

※比較検証のため、アニメの画像を引用しました。
©森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族2」製作委員会
タグ :

小説「夜行」、尾道の舞台探訪

 2017-10-05
森見登美彦の小説「夜行」第一夜は、尾道が舞台でした。
そこで千光寺公園を中心に、舞台を巡ってみました。

【千光寺公園】

「僕は高台のレストランに入って珈琲を飲んだ。」(P30)
高台のレストランは、展望台の2階にありました。螺旋階段を上がっていくとレストラン入口に、さらに上ると屋上の展望台に出ます。

VLC00209_20171005223744416.jpg
「僕らはしばらくレストランで話をしてから、千光寺の境内を散策した。」(P32)
千光寺の全体は、ロープウェイから撮りました。

_DSC0015.jpg
「長谷川さんの家は向島にあるんだよね」(P32)
向島と尾道市市街地とは、尾道水道を挟んで割と近い距離でした。

VLC00210.jpg
「転落防止の手すりに沿って「南無千手観世音菩薩」と染め抜いた赤と紺の幟がはためいていた。」(P34)

【尾道本通り商店街】
_DSC0427.jpg
「間口が狭くて奥行きの深い寿司屋だった。」(P46)
小説のとおりにアーケードの商店街を進むと、左手にありました。店の名前は小説の「きつね」ではなくて、「天狗寿司」です。

※説明のために、小説の一部分を引用しました。
(c)Tomihiko Morimi 2016
タグ :

「かみちゅ!」、尾道の舞台探訪。

 2017-10-04
「かみちゅ!」の舞台は、大林宣彦監督の映画とロケ地が同じことが多いです。
そこで、「かみちゅ!」ファンのための大林宣彦作品の説明という形で舞台を紹介してみます。

「転校生」(1982)
kamityu88b.jpg
神社の石段を転げ落ちると、男女が入れ替わってしまうという作品です。
kamityu88.jpg
この場面のロケ地は御袖天満宮で、「かみちゅ!」の来福神社のモデルとなりました。
ただし社殿は、別の神社がモデルです。

kamityu57a.jpg kamityu57b.jpg
「転校生」では男女入れ替わった後に一美が呆然として石段を降りて、踏切に至ります。
kamityu57.jpg
「かみちゅ!」では盗まれた筆を取り返そうとして、二人乗りの自転車で横切ります。

kamityu105a.jpg kamityu105b.jpg
「転校生」で一美が通学した道は、「かみちゅ!」でも出てきました。
kamityu105.jpg

VLC00157_20171004230654e57.jpg VLC00157b_2017100423065661c.jpg
ロープウェイ入口にある茶房こもんです。
VLC00157c.jpg
ここは「かみちゅ!」には出てきませんでしたが、この喫茶店の経営者がアニメのロケハンに協力した大谷治氏です。
大谷氏は、「転校生」(1982)から大林作品のロケハンに協力されています。

「時をかける少女」(1983)
kamityu89a.jpg kamityu89b.jpg
この作品が大ヒットして、大林監督、そしてロケ地の尾道はとても注目されるようになりました。
芳山和子が幼い時に参拝した神社で、ロープウェイ乗り場隣の艮神社がロケ地です。
kamityu89.jpg
この神社の本殿は、「かみちゅ!」の来福神社のモデルとなりました。

kamichu01.jpg kamichu01b.jpg
今は観光スポットではありませんが、タイル小路も両作品に出てきました。
kamichu01c.jpg

「さびしんぼう」(1985)
kamityu07.jpg kamityu07b.jpg
「さびしんぼう」が公開された時に、「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」を大林監督の尾道三部作として宣伝がなされました。
後に「ふたり」「あした」「あの、夏の日 とんでろ じいちゃん」が新・尾道三部作とされたのですが、大林監督作品としては「日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群」(1988)や「麗猫伝説 劇場版」(1998)も尾道がロケ地です。
通称「尾道ガウディハウス」は、両作品に出てきました。

「ふたり」(1991)
kamityu65.jpg kamityu65b.jpg
「ふたり」で、北尾家の姉 千津子が事故にあうのがここなのですが、「かみちゅ!」では一橋ゆりえの家になっています。
尾道駅では新・尾道三部作のロケ地マップが配布されていますので、それを見るとゆりえの家の場所がわかります。

kamityu23.jpg kamityu23b.jpg
通う学校の舞台のロケ地は、「かみちゅ!」と同じく土堂小学校です。
VLC00213.jpg VLC00213b.jpg
両作品とも、校舎の屋上が出てきました。

もしこれから尾道に行かれる「かみちゅ!」ファンの方がいましたら、大林宣彦監督の「転校生」「時をかける少女」「ふたり」をご覧になることをおすすめします。

※比較検証のため、映画とアニメの画像を引用しました。
(c) NTV. ATG
(c)KADOKAWA CORPORATION
(c)ベサメムーチョ/アニプレックス
タグ :

映画「転校生」(1982) の舞台探訪

 2017-10-01
映画「転校生」(1982) の舞台探訪です。
今年が2017ですから、35年前の映画です。
【尾道】
まずは、物語の始まりの御袖天満宮です。
VLC00089b.jpg
VLC00090.jpg VLC00090b.jpg
VLC00091_2017100120364054c.jpg VLC00091b_20171001203642463.jpg
VLC00092.jpg VLC00092b.jpg
VLC00093.jpg VLC00093b.jpg
VLC00094.jpg VLC00094b.jpg
VLC00098.jpg VLC00098b.jpg
VLC00099_2017100120360080a.jpg VLC00099b_201710012036025d7.jpg
VLC00100.jpg VLC00100b.jpg
御袖天満宮の石段を二人で転げ落ちたら、男女が入れ替わってしまいました。
最後に再びこの石段を二人で落ちて、元に戻ります。
VLC00169_201710012035413ce.jpg VLC00101b.jpg
VLC00170_20171001203522bb4.jpg VLC00170b_20171001203524c87.jpg
VLC00171_201710012035196b7.jpg VLC00171b_20171001203521253.jpg
VLC00172_20171001203501683.jpg VLC00172b_201710012035031d6.jpg
VLC00173_201710012034584bf.jpg VLC00173b_20171001203500737.jpg
VLC00174_20171001203442982.jpg VLC00174b_20171001203444598.jpg
VLC00175_20171001203439703.jpg VLC00175b_2017100120344220c.jpg
VLC00176_20171001203422d10.jpg VLC00176b_20171001203424594.jpg
VLC00177_20171001203419cd1.jpg VLC00177b_201710012034218ff.jpg
VLC00178_20171001203403107.jpg VLC00178b_201710012034056cd.jpg
VLC00179_20171001203400b2a.jpg VLC00179b_20171001203403292.jpg
VLC00180_20171001203344467.jpg VLC00180b_20171001203346ddf.jpg
VLC00181_20171001203341699.jpg VLC00181b_20171001203343c22.jpg
VLC00182_2017100120332557e.jpg VLC00182b_20171001203327241.jpg
VLC00183_201710012033228f2.jpg VLC00183b_20171001203324d2f.jpg
VLC00184_20171001203306f95.jpg VLC00184b_2017100120330756a.jpg
VLC00185_20171001203302b0f.jpg VLC00185b_201710012033042f0.jpg
VLC00186_20171001203246c18.jpg VLC00186b_20171001203249a3d.jpg
VLC00187_201710012032434f3.jpg VLC00187b_2017100120324507f.jpg
VLC00188.jpg VLC00188b.jpg
VLC00189_20171001203226785.jpg VLC00189b_20171001203228790.jpg
VLC00190.jpg VLC00190b.jpg
VLC00191_201710012032061ee.jpg VLC00191b_20171001203208155.jpg

次は、浄土寺周辺です。
VLC00106_20171001203143435.jpg VLC00106b_2017100120314595d.jpg
一男の家は、浄土寺近くの海沿いにあります。
VLC00124_201710012031400fb.jpg VLC00124b_20171001203142ce2.jpg
VLC00125_20171001203123d07.jpg VLC00125b_20171001203126aae.jpg
VLC00126_20171001203120fa0.jpg VLC00126b_201710012031224e6.jpg
VLC00127.jpg VLC00127b.jpg
VLC00194_201710012031029b3.jpg VLC00194b_2017100120310448e.jpg
VLC00198.jpg VLC00198b.jpg
VLC00202.jpg VLC00202b.jpg
最後は、浄土寺から線路越しに撮影していました。
浄土時は、小津安二郎の「東京物語」のロケ地として有名です。

VLC00081.jpg VLC00081b.jpg
VLC00082_20171001202959fff.jpg VLC00082b_20171001203001262.jpg
VLC00142_201710012029562a4.jpg VLC00142b_201710012029585d3.jpg
千光寺新道と、その周辺です。

VLC00073_20171001202917a02.jpg VLC00073b_20171001202918081.jpg
VLC00144.jpg VLC00144b.jpg
長江小学校への道です。長江小学校は、「時をかける少女」(1983)のロケ地にもなりました。

VLC00157_20171001202839303.jpg VLC00157b_20171001202841518.jpg
VLC00158_20171001202826628.jpg VLC00158b_20171001202828ed6.jpg
ロープウェイ乗り場近くの茶房ろまん です。ここは、「ふたり」(1991)のロケ地にもなりました。
IMG_1318.jpg
せっかくだから、ワッフルをいただきました。美味しかったです。

VLC00105_20171001202800930.jpg VLC00105b_20171001202802270.jpg
VLC00107_20171001202757421.jpg VLC00107b_201710012027592e4.jpg
アーケードの商店街です。上はイシネ事務機、下は東洋堂スポーツが現在でもあります。

VLC00131.jpg VLC00131b.jpg
VLC00138_201710012027258e8.jpg VLC00138b_20171001202728f89.jpg
VLC00139.jpg VLC00139b.jpg
VLC00141.jpg VLC00141b.jpg
福善寺です。鷲の松は。見応えがありました。

千光寺公園の文学のこみちです。
VLC00145.jpg VLC00145b.jpg
VLC00146_20171001202636740.jpg VLC00146b_201710012026382f5.jpg
VLC00148_20171001202621798.jpg VLC00148b_20171001202623ad9.jpg
VLC00149.jpg VLC00149b.jpg
ここは映画と同じ構図で撮ろうとすると危険な場所もあるので、無理のない範囲で探訪されることをおすすめします。

VLC00208_20171001202532006.jpg VLC00208b_20171001202534f9c.jpg
尾道駅の駅舎は取り壊されて、現在は仮設のもののようです。

VLC00102.jpg VLC00102b.jpg
御袖天満宮で男女が入れ替わり、一美が降りてきたところの踏切です。
VLC00168_20171001203907044.jpg VLC00168b_20171001203909f91.jpg
実際にはこの階段の上は御袖天満宮ではなく、土堂2丁目交差点近くです。

VLC00075_2017100120384935a.jpg VLC00075b_201710012038512f5.jpg
VLC00084_201710012038463a8.jpg VLC00084b_201710012038484d9.jpg
東土堂町7丁目のネコノテパン工場近くです。

VLC00109_20171001203829128.jpg VLC00109b_2017100120383112f.jpg
VLC00110_20171001203826cfc.jpg VLC00110b_20171001203828b24.jpg
VLC00111_20171001203814ddf.jpg VLC00111b_2017100120381636d.jpg
VLC00118_20171001203811647.jpg VLC00118b_2017100120381332e.jpg
VLC00119_20171001203750835.jpg VLC00119b_2017100120375273e.jpg
VLC00120_20171001203747739.jpg VLC00120b_201710012037490b0.jpg
VLC00121_20171001203731c34.jpg VLC00121b_20171001203733c80.jpg
VLC00122_201710012037287a8.jpg VLC00122b_20171001203730ce0.jpg
跨線橋および、その周辺です。

映画のラストではトラックで引っ越していく一男を追って、走りながら別れを告げます。
VLC00204_20171001212804242.jpg VLC00204b_201710012128075fa.jpg
「さよなら、私」と叫び、最後は立ち止まり、スキップして帰ります。
VLC00207.jpg VLC00207b.jpg
一男は8ミリカメラを回しながら別れを告げるのですが、場所は海沿いの仁井時計店前でした。

【福山城】
一美の前の学校の友達と待ち合わせたのは、福山城でした。
VLC00160_201710012025143c1.jpg VLC00160b_2017100120251690a.jpg
構図はこのとおりだと思いますが、木があって城が見えませんでした。
VLC00160c.jpg
同じ方向から見た福山城です。
VLC00162_2017100120243888b.jpg VLC00162b_20171001202440a4c.jpg
VLC00163_20171001202435608.jpg VLC00163b_201710012024372bd.jpg
角川春樹氏はこの映画を気に入り、原田知世の主演映画を作るときに大林宣彦監督へ「原田知世主演で尾道を舞台に『時をかける少女』を撮ってほしい」と依頼したそうです。

※比較検証のため、映画の画像を引用しました。
(c) NTV. ATG
タグ :

映画「時をかける少女」(1983) の舞台探訪

 2017-10-01
映画「時をかける少女」(1983)の舞台である尾道と竹原に、行って来ました。
30年以上前の作品なので、現在とは様子が違っているところもありました。
【尾道】
VLC00037b.jpg
VLC00059.jpg VLC00059b.jpg
VLC00063.jpg VLC00063b.jpg
VLC00066.jpg VLC00066b.jpg
タイル小路 道沿いの多くの家が廃墟になっているので、通行には注意が必要です。
福善寺から、入って行きました。

VLC00055.jpg VLC00055b.jpg
艮神社。ロープウェイ乗り場の脇にあります。
VLC00056.jpg VLC00056b.jpg
この鳥居ですが、他のブログには金山彦神社という記述がありました。それは間違いで、金山彦神社の鳥居はこれの左隣です。艮神社の中にいくつかの神社が引き取られているのですが、この鳥居の先には七福稲荷ともう一つ神社があります。二つの神社の入口の鳥居なので、上部に表札はありません。
VLC00057.jpg VLC00057b.jpg
VLC00058.jpg VLC00058b.jpg
立派な樹齢900年の楠木の御神木です。保存のために、御神木周りの石垣は撤去されていました。

VLC00027.jpg VLC00027b.jpg
柳水の井戸をさらに西に進んだところにあります。かなり様子は違うのですが、足元の石は変わっていません。

VLC00031b.jpg
上の坂道と柳水の井戸の間に深町君の住居があったようなのですが、取り壊されていました。

VLC00068_2017100114583531a.jpg VLC00068b_20171001145836938.jpg
VLC00069_2017100114582556a.jpg VLC00069b_201710011458263e9.jpg
VLC00070_20171001145821c9f.jpg VLC00070b_20171001145823f2a.jpg
柳水の井戸を下って行ったところの石段です。

VLC00018.jpg VLC00018b.jpg
長江小学校。ここは、校内に入らず撮影できます。
_DSC1563.jpg
柳水の井戸の西側から見た長江小学校です。

【竹原】
続いて、広島県竹原市の舞台を紹介します。
堀川君の家など、古くて立派な建物はおおむね竹原がロケ地でした。
VLC00016.jpg VLC00016b.jpg
VLC00020_20171001133824b58.jpg VLC00020b_201710011338263cb.jpg
VLC00040.jpg VLC00040b.jpg
VLC00041.jpg VLC00041b.jpg
VLC00053.jpg VLC00053b.jpg
胡堂。手入れが行き届いているので、実際に瓦が落ちることはなさそうです。

VLC00015.jpg VLC00015b.jpg
VLC00033.jpg VLC00033b.jpg
VLC00035.jpg VLC00035b.jpg
VLC00038.jpg VLC00038b.jpg
西方寺への石段。石段への通路右側の建物は、なくなっていました。

VLC00045.jpg VLC00045b.jpg
日乃出堂。

VLC00012_20171001133641fa8.jpg VLC00012b_20171001133643d5c.jpg
普明閣から見た町並み。普明閣からオープニングに一致する町並みを探したら、一つありました。
VLC00014.jpg VLC00014b.jpg
VLC00024.jpg VLC00024b.jpg
VLC00025_201710011336141bc.jpg VLC00025b_201710011336163bb.jpg
VLC00026.jpg VLC00026b.jpg
VLC00032.jpg VLC00032b.jpg
VLC00049.jpg VLC00049b.jpg
VLC00050.jpg VLC00050b.jpg
普明閣。映画撮影時と違い、土塀はきれいになっていました。

VLC00022_20171001133300976.jpg VLC00022b_20171001133301ceb.jpg
VLC00023_2017100113325743a.jpg VLC00023b_2017100113325890f.jpg
VLC00034.jpg VLC00034b.jpg
堀川醤油店。堀川吾朗の家で、映画と同様に醤油店です。
VLC00034c.jpg
筒井康隆氏の原作と違って「堀川」姓なのは、ここを撮影拠点として用いたので大林監督が現場に合わせてシナリオを変更したとのことです。
IMG_1304_201710011332170d5.jpg
お店の看板「堀川」は、映画のセットを今でも使っているそうです。
VLC00034c.jpg
左隣の蔵は、『お好み焼 ほり川』という店になっています。
IMG_1316.jpg
せっかくだから、たけはら焼を食べてみました。

※比較検証のため、映画の画像を引用しました。
(c)KADOKAWA CORPORATION
タグ :

「ラブライブ!サンシャイン!!」、沼津市内浦三津の舞台探訪。

 2017-09-18
サークルの合宿が静岡県沼津市内浦三津の安田屋旅館で行われたので、周辺を探訪しました。
この旅館は「ラブライブ!サンシャイン!!」では主人公の家族が経営している旅館として出てきますが、登録有形文化財に指定されている歴史ある建物です。
LLS第01話001 LLS第01話001b
第1話、安田屋旅館の外観。

LLS第01話010 LLS第01話010b
LLS第01話011 LLS第01話011b
LLS第01話013 LLS第01話013b
LLS第01話015 LLS第01話015b
第1話、旅館前の三津海水浴場。

LLS第02話001 LLS第02話001b
第2話、旅館前の三津海水浴場。

LLS第05話001 LLS第05話001b
LLS第05話002 LLS第05話002b
第5話、内浦漁協荷捌所周辺。

LLS第06話044 LLS第06話044b
第6話、内浦漁協荷捌所向かいの和洋菓子 松月。

宿は貸切だったので、少し撮影しました。Blu-ray 第2巻映像特典(youtubeから引用)。
VLC02397.jpg VLC02397b.jpg
1階廊下。
VLC02398.jpg VLC02398b.jpg
VLC02399.jpg VLC02399b.jpg
VLC02400.jpg VLC02400b.jpg
2階「月見草」。

この部屋で、かつて太宰治が「斜陽」を執筆したそうです。
当時の部屋の名称は、「松弐」とのことです。

比較検証のため、アニメ等の画像を引用しました。
©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
©2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫