「ハチミツとクローバー」足立区中川

 2016-08-25
「ハチミツとクローバ」、足立区中川の舞台探訪。

「ハチミツとクローバー」で、川沿いの土手を歩く場面が登場します。
hac02-114.jpg
第2巻P114。
hac06-052.jpg
第6巻P52。

似たような場面は「3月のライオン」にもありますが、このような大きな川と土手は武蔵野美術大学や方南町にはありません。
橋の上には、電灯が等間隔に並んでいます。

これは、足立区中川から見た飯塚橋がモデルだと思われます。
PEN01856.jpg
作者が足立区出身なので、子どもの頃に見た風景がモデルの可能性が高いです。

説明の都合上、漫画を引用しました。
(c)UMINO CHICA 2002 2004 / 集英社
スポンサーサイト
タグ :

「ハチミツとクローバー」新宿

 2016-08-25
「ハチミツとクローバー」第2巻、新宿の舞台探訪。

原作が発表されてからかなり経ちますが、新宿BEAMSあたりは当時とそれほど変わっていませんでした。
hac02-36a.jpg
第2巻P36。森田が「この世で真山を走らせる事が出来るヤツなんて 一人しか居ないからな」と言って、新宿BEAMSが背景に出てくる。

hac02-36bb.jpg hac02-36b.jpg
第2巻P36、真山が原田理花を追いかける場面。新宿BEAMS近くの喫茶店なので、「らんんぶる」だと思われます。

説明の都合上、漫画を引用しました。
(c)UMINO CHICA 2002 / 集英社
タグ :

「ガールズ&パンツァー」杉並区今川、桃井

 2016-08-23
「ガールズ&パンツァー」第12話、杉並区今川・桃井の舞台探訪。

放送当時に探訪したものですが、掲載します。
最終話の市街戦は、地形をうまく活用した戦いでした。
杉並区今川。
VLC01285.jpg
VLC01286b.jpg VLC01286.jpg
VLC01287b.jpg VLC01287.jpg
VLC01288b.jpg VLC01288.jpg
VLC01289b.jpg VLC01289.jpg

杉並区桃井
VLC01293b.jpg VLC01293.jpg
VLC01295b.jpg VLC01295.jpg
VLC01296b.jpg VLC01296.jpg
VLC01298b.jpg VLC01298.jpg
比較検証のため、アニメの画像を引用しました。
(c)GIRLS und PANZER Projekt
タグ :

「さよならソルシエ」テオドルス・ファン・ゴッホのコスプレ

 2016-08-21
月刊「フラワーズ」に連載されていた漫画「さよならソルシエ」より、テオドルス・ファン・ゴッホのコスプレ。

カメラ Canon EOS 5D Mark III、レンズ EF24-70mm f/2.8L II USM、C-PLフィルタ使用、1/200sec f7.1 ストロボ使用。

hima02.jpg
カメラ Canon EOS 5D Mark III、レンズ EF24-70mm f/2.8L II USM、C-PLフィルタ使用、1/200sec f6.3 ストロボ使用。

hima03.jpg
カメラ Canon EOS 5D Mark III、レンズ EF24-70mm f/2.8L II USM、C-PLフィルタ使用、1/200sec f6.3 ストロボ使用。

兄の画家フィンセント・ファン・ゴッホにちなんで、ひまわり畑で撮影しました。
撮影地の所沢ひまわり畑は、ちょうど満開でした。
タグ :

「地下鉄に乗るっ」京都

 2016-08-04
「地下鉄に乗るっ」シリーズ、「京・ガールデイズ1」の舞台探訪。

京都市営地下鉄のイメージキャラクター「太秦萌」達の人気が高まり、アニメ化が決定したとのことです。
アニメはどんな内容になるかはわかりませんが、講談社ラノベ文庫版をもとに作品の舞台を探訪しました。

鴨川デルタ
KYO01.jpg
※飛び石に近づいて撮ればイラストと似た構図になりますが、当日は水が少なかったことと水遊びをしている人が多かったので離れて撮影しました。

二条城二ノ丸御殿
KYO02b.jpg KYO02.jpg
竹虎図は室内で、撮影禁止です。

太秦萌らが利用している丸太町のファミレス
P1270054.jpg

京都国際マンガミュージアム
DSC00241.jpg

加茂みたらし茶屋
DSC00278.jpg IMG_7371.jpg
みたらし団子発祥の店とのことで、実際に食べてみました。甘すぎず、美味しかったです。

高山彦九郎像
DSC00245.jpg
通称、土下座像とのことです。

六角堂と へそ石
DSC00239.jpg DSC00237.jpg

八坂神社
DSC00273.jpg DSC00275.jpg

木嶋神社と、元糺の池
DSC00249.jpg DSC00256.jpg
木嶋神社と元糺の池は初めて訪ねましたが、趣のあるところでした。

河合神社と、美人水
DSC00285.jpg DSC00287.jpg
太秦萌らが飲んだので、試してみました。

下鴨神社
DSC00282.jpg

比較検証のため、文庫のイラストを引用しました。
(c)Motoki 2015
(c)Kyoto Municipal Transportation Bureau 2013
(c)京都国際マンガミュージアム
タグ :

「偉大なるしゅららぼん」竹生島

 2016-08-03
「偉大なるしゅららぼん」竹生島の舞台探訪。

小説「偉大なるしゅららぼん」(万城目学)は発表されてすぐに読みましたが、琵琶湖に浮かぶ竹生島に興味があったのでいつかは行ってみようと思っていました。
地元で映画化の運動があり、映画化と同時にコミカライズされました。
説明の都合上、漫画の画像を引用します。
00b_20160803012944dd7.jpg 00_20160803012943fd8.jpg
01b_2016080301292715d.jpg 01_20160803012925dba.jpg
02b_20160803012930bf7.jpg 02_201608030129280f7.jpg
04c_201608030129121b0.jpg 04_20160803012911ca2.jpg
03b_201608030129116f1.jpg 03_20160803012908327.jpg
05b_20160803012654ee0.jpg 05_20160803012652543.jpg
06b_20160803012656b66.jpg 06_2016080301265579b.jpg
08b_201608030126371dd.jpg 08_2016080301263773f.jpg
07b_201608030126359f1.jpg 07_2016080301263322f.jpg
説明の都合上、集英社版のコミックスから引用しました。
(c)万城目学 2014, 2014
(c)関口太郎 2014, 2014

タグ :

「この美術部には問題がある!」姫路

 2016-07-28
漫画「この美術部には問題がある!」第4巻、姫路の舞台探訪。

作者が姫路出身ということもあり、漫画版ではアニメイト姫路店が出てきます。
実際に行ってみたところ、入口・店内供に一押しの作品になっていました。
入口には、立て看板が二つありました。
image2.jpg image3.jpg
窓には、ポスターが貼られています。
image5.jpg image4.jpg

店内は、サイン色紙が飾られています。一言断って、撮らせていただきました。
Coa8Nx5XYAAaZD-.jpg
郷土出身の漫画家をプッシュしていて、とても好感が持てました。

今回は、sgoアロファさんのブログを参考にさせていただきました。

比較検証のため、漫画を引用させていただきました。
(c)2015 MURU IMIGI /KADOKAWA
タグ :

「黒子のバスケ」氷室辰也のコスプレ

 2016-07-07
「Free!」松岡凛のコスの次は、「黒子のバスケ」氷室辰也を撮りました。
機材は、Canon EOS 5D Mark III、EF24-70mm f/2.8L II USM、ストロボ600EX-RT、三脚。

ISO 200, 1/50sec, f3.2, 焦点距離 41mm
逆光のマニュアル露出ですが、窓が長方形に写るように三脚を使って構図を決めました。

H0037131.jpg
ISO 200, 1/50sec, f3.2, 焦点距離 35mm
これも三脚を使って窓ができるだけ長方形に写るように構図を決めたのですが、顔が画面右上だからライブビューを10倍に拡大して液晶画面でピント合わせをしました。

H0037123.jpg
ISO 200, 1/50sec, f3.2, 焦点距離 53mm

H0037004.jpg
ISO 200, 1/50sec, f3.5, 焦点距離 50mm

上の写真と同じ場所で、ストロボを使用して撮影しました。やや斜め右から、撮っています。
H0037104.jpg
ISO 200, 1/200sec, f3.2, 焦点距離 35mm, ストロボ使用
ストロボにはNeewer®16" 40cmポータブルミニ円形ソフトボックスを付けましたが、使いやすかったです。

タグ :

「Free!」松岡凛のコスプレ写真。

 2016-07-06
スタジオ モーリス 狛江で、「Free!」松岡凛のコスプレを撮りました。
今回はおもに自然光で撮ってみようということで、Canon EOS 5D Mark III、EF24-70mm f/2.8L II USM、そして念のためにストロボを1個という最小の構成で臨みました。

ISO 200, 1/50sec, f3.5

H0036996.jpg
ISO 500, 1/80sec, f3.5

H0036936.jpg
ISO 200, 1/60sec, f3.2

H0036951.jpg
ISO 200, 1/50sec, f3.5

逆光のためにマニュアル露出が多く、撮影結果を液晶画面で見ながら肌の明るさで露出を決めました。

この他に、屋上でも撮影しました。
H0036720.jpg
ISO 200, 1/500sec, f4.5
タグ :

「ユウタイノヴァ」中野ブロードウェイ

 2016-06-18
押見修造 作「ユウタイノヴァ」中野ブロードウェイの舞台探訪。

「ユウタイノヴァ」は主人公が幽体離脱して、不思議な体験をする漫画です。
中野ブロードウェイの1階は2階渡り廊下から俯瞰の風景が撮影できるので、空中浮遊の場面に適していました。
ユウタイノヴァ01-153-01a ユウタイノヴァ01-153-01
ユウタイノヴァ01-153-02a ユウタイノヴァ01-153-02
ユウタイノヴァ01-154-01b ユウタイノヴァ01-154-01
ユウタイノヴァ01-154-02b ユウタイノヴァ01-154-02
ユウタイノヴァ01-155-01b ユウタイノヴァ01-155-01
ユウタイノヴァ01-163-01b ユウタイノヴァ01-163-01
ユウタイノヴァ01-164-01b ユウタイノヴァ01-164-01
ユウタイノヴァ01-166-01b ユウタイノヴァ01-166-01
ユウタイノヴァ01-168・169-01b ユウタイノヴァ01-168・169-01
ユウタイノヴァ01-176-01b ユウタイノヴァ01-176-01

比較検証のため、漫画を引用しました。
(c)押見修造 2007 / 講談社
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫